スポーツ整形

整形外科診療

美容部門

わきが・多汗症治療ミラドライは岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
世界症例35,000超の実績。
わきが・多汗症治療は岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
切らない痛くないビューホット治療
理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室

スポーツ整形(体幹)

体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰周りを傷めてしまいます。

腰椎すべり症

腰のベルトのあたりの痛みと、お尻や太腿の痛みが出る場合があります。
痛みは腰を後ろにそらせた時に強くなります。スポーツの練習などで、繰り返し腰をそらしたり、回したりすることで徐々に症状が起こります。
診断は側面や斜めのレントゲンで行います。
分離すべり症では分離部分で神経根が圧迫されていることが多く、神経根ブロックで明らかにする場合もあります。

治療は、理学療法士によるリハビリ・ストレッチが基本となります。
症状に応じて、コルセット・内服薬・注射等を行います。

腰椎分離症

成長期のお子さんが運動を一生懸命やっていると、腰を反ったり前屈みになったりした時に痛みを感じるようになります。
腰椎の後ろ半分はリング状の構造をしており、この部分が過度の運動によって徐々にひび割れを起こします。(疲労骨折)
脊椎分離症が疑われる場合には、レントゲンだけでなく、さらにCTやMRIを撮り、分離部分の癒合(骨がくっつくこと)が可能かどうかを判断して治療にあたります。

治療は、理学療法士によるリハビリ・ストレッチが基本となります。
症状に応じて、コルセット・内服薬・注射等を行います。

腰椎圧迫骨折

外部から加えられた圧迫する力によって、脊椎の椎体と呼ばれる部分がつぶれてしまうことによって起こります。
スポーツ時の事故により、強い衝撃が加わわることで骨折をします。治療は骨が形成されるまでコルセットなどで腰を固定、安静にします。
骨折が治癒すれば、痛みも取れてきますので、リハビリをしながら衰えた筋力を回復していきます。

理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室