腰部脊柱管狭窄症

整形外科診療

美容部門

わきが・多汗症治療ミラドライは岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
世界症例35,000超の実績。
わきが・多汗症治療は岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
切らない痛くないビューホット治療
理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管(せきちゅうかん)とは、背骨に囲まれた管状の空間のことです。
脊柱管には神経が入っている硬膜があります。
腰椎部の脊柱管は馬尾(ばび)と呼ばれる繊維性の神経の束や血管を守っています。
脊柱管を囲んでいる椎体や、椎間板などの変形により脊柱管が狭くなることで、これらの神経を圧迫し、腰痛や下肢のしびれなどの症状が表れるのが腰部脊柱管狭窄症です。

腰部脊柱管狭窄症の症状

頸椎 首の椎間板ヘルニア

腰痛や腰の周りのだるさ・違和感とともに、足のしびれなどが代表的な症状です。
階段の下りが辛い、前かがみで休むと楽になり、反らすと痛い、などの症状も多くみられます。

症状

腰の痛み
足のしびれ
脚や足の裏のしびれ(両方もしくは、片側だけに症状が出る)
階段の歩行困難
スリッパが脱げやすい
排尿障害

腰部脊柱管狭窄症はこんな人がなりやすい

  • ・中年〜高齢の方
  • ・重いものを運んだり、重労働に携わる方
  • ・長時間運転する方
  • ・運動不足の方

腰部脊柱管狭窄症の治療

まず、痛みを和らげる鎮痛薬や、血流改善などの薬物療法を行います。
当院では、薬だけに頼らず、リハビリによる腰部脊柱管狭窄症に対してのストレッチ運動、物理療法、理学療法を取り入れ、患者様の症状に合わせた治療を行います。
症状が重い場合は、ブロック注射や手術を検討します。

理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室