椎間板ヘルニア

整形外科診療

美容部門

わきが・多汗症治療ミラドライは岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
世界症例35,000超の実績。
わきが・多汗症治療は岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
切らない痛くないビューホット治療
理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室

椎間板ヘルニア

椎間板は、脊椎を構成する椎体という骨の一つひとつの間にあり、骨同士がこすれ合わないようクッションの役目をしています。
この椎間板が変性して潰れ、一部分が突き出るかあるいはその位置から飛び出すなどして神経を圧迫し、痛みやさまざまな神経症状が出現します。首に発生する頚椎ヘルニア、腰に発生する腰椎ヘルニアがあります。
特に20代〜40代の男性に多くみられます。我慢できないほどの症状になってから来院される方も多くいらっしゃいますが、早期治療が最も大切です。

椎間板ヘルニアのメカニズム

頸椎 椎間板ヘルニア

頸椎 首の椎間板ヘルニア

首の椎間板ヘルニアは、首から腕にかけての痛みにより、しびれや脱力感がおこり、症状が重い場合には、歩行障害が起こる場合があります。

症状

肩があげにくい
腕の痛み・しびれ ・むくみ
箸が使いにくい、ボタンがかけづらい
頭痛・めまい

原因

  • ・加齢による変形
  • ・悪い姿勢
  • ・外傷、運動などによる負荷 など

腰椎 椎間板ヘルニア

頸椎 首の椎間板ヘルニア

重いものを持ったり、腰をひねったりしたときに突然激しい痛みがおこる、いわゆるぎっくり腰のかたちで発症することがあります。
また、慢性的に鈍い痛みやしびれを繰り返す症状が出る場合もあります。

症状

突然の痛み(ぎっくり腰)
手足のしびれ
おしり、太ももの後ろ、膝から足首の外側の痛み
(座骨神経痛)

原因

  • ・悪い姿勢
  • ・肥満
  • ・喫煙 など

椎間板ヘルニアの治療

症状が深刻になる前に、早めの治療をおすすめします。
症状が軽い場合は、鎮痛剤などの内服薬や湿布・塗り薬などの外用薬を投与、またリハビリなどで治療をします。

注射治療

  • ・トリガーポイント
  • ・仙骨硬膜外ブロック
  • ・神経根ブロック
  • など

症状によっては、手術が必要になることもあります。

椎間板ヘルニアの予防・再発防止

椎間板ヘルニアのほとんどは、日常生活における何気ない姿勢や動作によって起こります。
首や腰への負担を減らすよう注意・工夫をしましょう。

姿勢の注意点

  • ・長時間同じ姿勢を取り続けないように注意しましょう。
     (業務上やむをえない場合でも、定期的に休憩などをしましょう)
  • ・あぐらをなるべくかかないように注意しましょう。
  • ・スマートフォンやパソコンの画面を長時間見続けないようにしましょう。
     (首に多大な負担がかかります)

動作の注意点

  • ・高い位置にあるものを取る時は、台を利用しましょう。
  • ・荷物は交互に持つようにしましょう。
  • ・ものを拾う場合は、腰だけでなく、膝から屈むようにしましょう。
理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室