患者様自身の「再生する力」を
利用した先進的な治療
再生医療

厚生労働省 再生医療等提供計画番号 第2種幹細胞 PB4200015  第2種関節 PB4200014
第3種軟部組織 PC4200012 第3種皮膚再生 PC4200013

遠方の方からのご相談も承ります

地方では再生医療を導入していないところがたくさんあります。
当院では県外からの患者様も来院していただいております。
是非お気軽にご相談ください。

遠方の方からのご相談も承ります

再生医療とはRegenerative medicine

負担もリスクも少ない、
治る力を高める治療

副作用やリスクが少なく、いまさまざまな分野で注目されている再生医療。
患者様本人の血液や脂肪を人工的に加工・培養し患部に投与することで、私たちに本来備わっている「治る力」を高める治療を行なっていきます。
「手術ができない」「長年痛みに悩まされている」などのお悩みを持つ方にも負担が少ないため、近年目覚ましい発展を遂げています。

再生医療とは

再生医療が選ばれる理由

手術の必要がありません
手術の必要がありません

手術が不要なので入院をせず、普段通りの生活が続けられます。

副作用が少ない
副作用が少ない

患者様自身の幹細胞を投与するため、副作用の可能性はかなり低いと思います。

人間の再生力を利用
人間の再生力を利用

トカゲほどではないですが、人間にももともと「再生する力」があります。

当院で行っている再生医療Regenerative medicine

幹細胞治療
幹細胞治療

新しい細胞に分化して、組織を修復・再生する幹細胞を患者様の脂肪から採取後、培養して増やした後、患部へ注射し、修復・改善をしていきます。

詳しく見る
PRP治療
PRP治療

患者様の血液から、成長因子が含まれた濃縮した多血小板血漿(PRP)を作成。長期的な抗炎症効果や症状の進行・悪化を食い止める治療です。

詳しく見る

従来の治療との違いComparison

こんなお悩みありませんか?

注射の効果が実感がない

注射の効果が実感がない

年齢的に手術ができず治療法がない

年齢的に手術ができず
治療法がない

人工関節手術に踏み出せない

人工関節手術に
踏み出せない

抗炎症のためステロイドを使っているが副作用が辛い

抗炎症のためステロイドを
使っているが副作用が辛い

ヒアルロン酸は効果が持続せず通院が大変

ヒアルロン酸は効果が
持続せず通院が大変

グルコサミンなどのサプリをたくさん飲んでいる

グルコサミンなどのサプリを
たくさん飲んでいる

再生治療によりお悩みをサポートします

再生治療のメリット

従来の治療

再生医療

ヒアルロン酸 ステロイド 幹細胞治療 PRP治療
抗炎症効果
X △ ○ ○
組織修復効果
X X ○ △
治療期間

1~2週間に1回

よく効くが何度も注射を打つのは望ましくない

2回

1回

持続効果

1週間程度

継続して注射をすると感染リスク、骨粗鬆症などの副作用が心配

持続的

3ヶ月〜半年

従来の治療
従来の治療

対処療法・緩和療法のため、病状の進行を止められず効果も持続しないため、慢性的な痛みが常でした。

再生医療
再生医療

病状の進行を遅らせることができ、効果も持続的で、痛みを和らげる効果も期待できます。

新しい選択肢を提供します

満足のいく効果が得られないにも関わらず、他に選択肢がなくお困りの方、人工関節手術をすすめられているものの決心がつかず、他の治療法をお探しの方にご紹介したいのが、再生治療という新しい選択肢なのです。

脚の痛み

幹細胞治療Stem-cell therapy

自己脂肪由来の幹細胞を体内に戻しあらゆる機能を再生する

治癒内容

細胞から再生

幹細胞を関節腔に注入することによって、軟骨の再生が行われ、変形性関節症などの症状を改善する治療法です。
患者様本人の脂肪から幹細胞を分離して培養することにより必要な細胞数になるまで増やし、症状が現れた関節腔に注射を行います。
脂肪は腹部の目立たない場所から約5mmほど採取し、専用の細胞培養加工施設にて3〜5週間程度かけて培養します。

自己脂肪由来間葉系幹細胞は、自分を複製する能力と軟骨を含む多様な細胞に分化できる能力を持つことから、傷ついた軟骨の保護や再生に働きます。
また、炎症を抑える効果のある物質を分泌する性質があり、炎症を抑えることにより症状の悪化を防ぐ効果が期待できます。

軟骨再生修復 コラーゲン算出 抗炎症作用 自己複製能 多文化能

適応疾患

  • 変形性膝関節症
  • 肩関節周囲炎
  • 変形性肩関節症
  • 変形性股関節症

メリット

  • 高齢者でも負担がない
  • 移植周辺細胞の活性化も期待できる
  • がん化のリスクがない
  • 何度でも受けられる
  • 二回の診療で治療が完了

治癒の流れ

脂肪採取
脂肪採取約10分

局所麻酔を行い、切開を行います。傷はほとんど目立たない場所です。米粒5〜6個ほどの脂肪を採取します。
切開部は縫う必要がない程の大きさです。(場合によって縫うことがあります。)

採血
採血約10分

感染症の確認、培養に必要な血液量を採血します。一部を検査に出し全身状態を確認します。

  • ※当日はよく水分をとってください。
  • ※飲酒はお控えください。
  • ※入浴はシャワー程度にしてください。
培養
培養(他施設)

3〜5週間培養をします。2~3週間ほどで投与日の目安をお伝えすることができます。万一培養が進まない場合は、再度脂肪採取をいたします。

投与
投与約10分

投与日にご来院ください。
注射後の15分はそのままの体位で安静にしていただきます。

  • ※投与日確定後変更はできません。
  • ※飲酒はお控えください。

価格

2種
1,500,000円(税抜)
0583337446

PRP治療Platelet Rich Plasma

多血小板血漿を用いた関節、軟部組織治療

治癒内容

血小板が持つ修復力を促す

採血した血液から、多血小板血漿だけを濃縮して関節部位や靭帯などの治療に利用します。
2000年頃から、メジャーリーガーやサッカー選手の治療に使われ、肘やひざの痛み、腱や筋肉の損傷などで、新しい治療法として注目されてきました。
お年寄りの方にも負担が少ないことから、変形性膝関節症の症状緩和に効果が期待できる治療法です。

ご自身の血液の血小板に含まれるさまざまな成長因子が持つ組織修復機能を発揮することで、強い抗炎症効果があり、症状の進行・悪化を抑える効果も期待できます。

痛みの軽減 コラーゲン算出 抗炎症作用

適応疾患

  • 変形性膝関節症
  • 肩関節周囲炎
  • 変形性肩関節症
  • 肩関節凍結肩
  • 変形性股関節症
  • 変形性関節症
  • 上腕骨内側上顆炎
  • 足底筋膜炎
  • 膝窩筋腱炎
  • アキレス腱付着部炎
  • 腱鞘炎
  • 膝蓋腱炎
  • 靭帯損傷
  • 肉離れ

メリット

  • 約20分で治療完了
  • 何度でも治療を行える
  • 2週間~約6か月に効果の出現が期待できる
  • どなたも負担なく受けられる

治癒の流れ

採血
採血約5分

約15mlの血液を採取します。

PRP分離
PRP分離約5分

遠心分離機と専用チューブで遠心し、PRPを精製抽出します。加工されるPRPは3〜5mlです。

投与
投与約5分

患部へPRPを注入していきます。

価格

3種 軟部組織
60,000円(税抜)
2種 関節
70,000円(税抜)

よくいただく質問Q&A

Q 保険はきかないのですか?

再生医療に保険は適応されません。
たとえ安全性と有効性が認められている治療法であっても、保険で治療が受けられるようになるには国から保険診療として認められなくてはいけません。審査は長い時間をかけて行われるため、最先端の医療技術をすぐに治療に取り入れる場合は、保険が利かない状態で提供しなくてはならないのです。

Q 高額ですが、効果はありますか?

全ての治療法に言えることですが、「必ず効果があります」とお伝えすることはできません。
お一人おひとりの症状によっても異なります。
少しでも安心して治療を受けていただけるよう、カウンセリングをしっかりと行ったうえで治療に当たっています。

Q 再生医療のメリットとデメリットは何ですか?

再生医療は副作用や感染リスクが極めて少ないという点でメリットがあります。
また、入院を必要としませんので、患者さんの日常生活やお仕事にも負担になりません。
デメリットは、一般的な治療に比べて高額になることです。

Q 治療に年齢制限はありますか

20歳以上を対象としています。100歳の方でも受けていただけます。
未成年の方は、保護者の方の同意を得られた場合、治療可能です。

Q 痛みはありますか?

注射後、2~3日間、鈍痛や熱感が生じる場合がありますが、安全性は高い分類の再生医療なので体へのご負担は少ないです。

Q 治療に関して痛みなど副作用はありますか?

関節治療の場合は治療後数時間、痛みや腫れが見られることがありますが、一時的なもので数日間後には改善します。症状を早めに抑えたい場合は、治療箇所を冷やすことをお勧めしています。
必要であればクリニックから痛み止めを処方するので内服してください。

Q 効果が出るまでにはどのくらいかかりますか?

痛みの原因により異なります。また個人差もみられます。
関節治療の場合は、炎症による痛みは約1週間後から、関節変形による症状は早くて1ヶ月後から効果がみられ、1年以上かけて緩やかに改善していきます。

Q 医療費控除の対象となりますか

対象となる可能性が高いです。
当院でも必要な領収書を発行しています。
還付金については個人年収により異なります。

ごとう整形外科

選択肢に加わった
幹細胞治療、PRP治療。
痛みの根本改善に、ぜひご検討ください。

再生医療は、自己組織を材料に治癒をする先進的な治療法です。
当院では、いち早く再生医療に注目し、治療法として取り入れました。
再生医療は治療リスクがなく、高齢者の方でも安心して施術を受けられ、しかも対処療法ではなく根本から改善していくすばらしい治療方法です。
これまで痛みとは付き合っていくしかない、とあきらめかけていた方に是非一度お試しいただきたいと考えています。

医療法人 ごとう整形外科 院長 後藤 克明

遠方からのご来院も
お待ちしています

再生医療は、都心部のクリニックでの導入が進みつつありますが、地方ではまだまだ導入先が見つからないのが現状です。
治療はPRPですと日帰りで受けられますし、幹細胞治療についても治療回数は2回、入院の必要は全くありませんので、県外・遠方の患者様もどうぞ安心してご相談ください。

県外からの来院アクセス
【福井からお越しの場合】
大垣ICより車で40分
【金沢からお越しの場合】
関広見ICより車で25分
【飯田からお越しの場合】
車で1時間40分
【桑名からお越しの場合】
車で1時間(長良川沿い信号なくお越しいただけます)

電車でお越しの場合、JR岐阜駅(名鉄岐阜駅)よりタクシーで13分(2,000円程度)でご来院いただけます。

MAP
0583337446