頚椎症

整形外科診療

美容部門

わきが・多汗症治療ミラドライは岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
世界症例35,000超の実績。
わきが・多汗症治療は岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
切らない痛くないビューホット治療
理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室

頚椎症

頸椎症とは、椎間板や椎骨が加齢に伴って変性・変形し、骨棘の形成、靭帯の肥厚などが起こる事をいいます。
それらの変化により、神経の通り道である脊柱管や椎間孔が狭くなることがあります。

頚椎症は、長年の生活習慣などによって頚椎が変形し、首、肩、腕、指などに痛み(凝り)を感じる変形性頚椎症、脊柱管の中の脊髄が圧迫されて症状がでる頚椎症性脊髄症と、脊髄からわかれて上肢へゆく神経根が圧迫されて症状がでる頚椎症性神経根症とがあります。
初期症状は肩や首の凝りで、ただの肩こりと間違えてしまうこともあります。
しかし、重症化した場合、歩行困難や排泄しづらくなるなどの症状が進行しますので、できるだけ早い診療を受けてください。

変形性頚椎症

頸椎 首の椎間板ヘルニア

首の痛みや肩こりなどの症状がでます。
手足のしびれなどの神経症状は出ないため、重症化するまで放置されがちです。
長時間同じ姿勢でいることを避け、
時々無理のないストレッチなどをして筋肉をほぐすようにしましょう。

頸椎症性脊髄症

ボタンのはめ外し、お箸の使用など、手指の細かい動作がしづらくなり、動きがぎこちなくなります。
また、肩が上がらなくなったり、肘が曲げにくくなったりすることもあります。

頚椎症性神経根症

肩や首だけではなく、肩甲骨まわりや間にも痛みがでることがあります。
首を後ろへ反らせると痛みを強くなるため、上方を見る事や、うがいをすることが不自由になります。
デスクワークのやりすぎや、運動不足などが原因といえます。

頚椎症の治療

治療は鎮痛剤の内服や概要などの薬物療法と、頚椎を引っ張るけん引、患部温め・電気刺激などの理学療法などを行います。
また、ご自宅でできるストレッチやマッサージの方法などの指導も行います。

理学療法士が丁寧にリハビリを実施 リハビリテーション室