わきが・多汗症

治る力を高める治療 再生医療
患者様自身の「再生する力」を
利用した先進的な医療
スタッフ募集

整形外科診療

美容部門

わきが・多汗症治療ミラドライは岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
世界症例35,000超の実績。
わきが・多汗症治療は岐阜のごとう整形外科へ
わきが・多汗症にお悩みなら
切らない痛くないビューホット治療
多汗症外用剤エクロックゲル
日本初の保険適用の多汗症外用剤
エクロックゲル®5%

わきが・多汗症の新治療

多汗症・わきが治療に2つの最先端治療

「切らない」「短時間」「翌日に効果が出る」新しい多汗症・わきが治療です

わきが、多汗症は、これまでにも切らない治療はありましたが、術後に患部が腫れたり、効果がなかったりと満足できるものではありませんでした。
ビューホット、ミラドライはいずれも切らずにたった1回の治療でわきがや多汗症の悩みから解消される、最新の治療機器です。治療時間はわずかで痛みもなく、誰にも気付かれることなく翌日には効果を実感できます。
ごとう整形外科は、施術実績が多数で安心して治療を受けていただけます。

※小学5年生から施術を受けられます

日本初!保険適用の多汗症外用剤「エクロックゲル5%」
  一般的なわきが・多汗症
の手術
レーザー装置による
わきが・多汗症治療
新わきが・多汗症治療
ビューホット/ミラドライ
麻酔 注射による局所麻酔 注射による局所麻酔 注射による局所麻酔
切開 あり あり なし
施術時間 80分~120分 50分前後 ビューホット:30分前後
ミラドライ:40分〜60分
術後ケア 1週間以上固定 必要なし 必要なし
入浴 固定中は患部をお湯に
つけられない
当日から全身シャワー浴が可能 当日から全身シャワー浴が可能
傷跡 切開の傷が残る ごく小さなもの
(次第に消える)
ビューホット:針穴程度
(次第に消える)
ミラドライ:なし
日常生活への支障 脱毛や色素沈着 やけどや再発が懸念される なし

お肌が弱い、皮膚トラブルあるという方は一度お気軽にご相談ください。

ビューホット と ミラドライ の違いについて

「切らない」「ダウンタイムがない」など共通する部分が多いビューホットとミラドライですが、それぞれ違いがあります。
メリットをご理解いただいた上で、納得して治療を受けていただけるよう、しっかりとカウンセリングをしてから施術をしますので、ご安心ください。

術後の腫れ
腫れはありません 腫れることがあります(徐々にひいていきます)
色素沈着
一時的に色素沈着する場合があります 色素沈着はありません
施術時間
片脇15分、両脇30分程度
非常にスピーディー
片脇20分〜30分
全国の導入実績
最新機器のため取扱い台数が希少 切らない治療として世界的に導入多数

※上記は機器の性能の比較です。患者様による効果の違いはございます。

日本初!保険適用の多汗症外用剤「エクロックゲル5%」

手術が不安な方に、多汗症治療の塗り薬

エクロック®ゲルは、エクリン汗腺が交感神経から伝えられる汗を出す指令を受け取れないようにブロックすることにより、発汗を抑えることが期待できます。

エクロック®ゲル

エクロック®ゲルは保険適用です

保険適用は脇の多汗症においてになりますが、手足の多汗症にも非常に効果があります。

エクロック®ゲルの特徴

日本初の保険適用の
多汗症外用剤です

1日1回の塗布で
効果が期待できます

薬液に触れずに
塗布できます

多汗症へのエクロックゲルの働き

多汗症の原因となる汗はエクリン汗腺から分泌されます。
エクリン汗腺は交感神経により調節されており、アセチルコリンがエクリン汗腺のムスカリン受容体サブタイプ3を刺激することにより発汗を誘発すると考えられています。
エクロックゲル5%の有効成分であるソフピロニウム臭化物は、M3を介したコリン作動性反応を阻害し、発汗を抑制します。

使用方法

わきの水気をタオルなどでよく拭き取ってから使用してください。
ボトルから、キャップとアプリケーターを外して使用します。

使用方法イメージ1

①ポンプを押して、アプリケーターの上面に薬液をのせます。

使用方法イメージ2

②薬液をわき全体に塗り広げます。

  • ※使用量は、右わきにポンプ1押し分、左わきにポンプ1押し分です。(1本で14日分)
  • ※手に薬液がついた場合には、絶対に顔や目をさわらず、すぐに水で洗い流してください。
  • ※薬液を塗った後、わきが乾くまでは寝具や衣服が触れないように注意してください。
  • ※使用後のアプリケーターに残った薬液は、ティッシュペーパーなどでていねいに拭き取るか、水で洗い流してください。